忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

柔らかな夢

初出:2006/10/01
祈ること。お気に入り。

覚めない夢がほしい。

柔らかく世界を包む細い雨に、君の言葉が溶けた。
薄い、柔らかなカーテンに包まれたベッドの上で、ひざを抱えて座りこむ姿が、ひどく軟そうで目を伏せる。

そんなこと言うなよ。

頼りない僕の声に、君の目がこっちらを向く。
にじむように、悲しかった。

明日、君が連れて行かれたら、私今度こそ一人ね。

乾いた笑いに、本気の痛みがこもっている。同じように薄いカーテンで囲われたベッドの上で、僕は彼女の姿をもう一度見た。
首を動かすだけで軋むこの体は、それでも戦っている。

僕も、死ぬと、言いたいのか。

零れた声に、今度は彼女が目をそらした。
病院の天井はシミひとつなく白い。日に日に動かなくなっていく体のことは、自分が一番よくわかっている。
同じ症状を訴えていた五人のうち、三人は既に手術を受けて死んだ。成功の確率は10%にも満たないらしい。その10%に、僕もまた命をゆだねる。
明日。

君は、死なないだろうって、私は勝手に信じてた。

小さな彼女の声は震えている。
僕がこの病室にやってきたとき、彼女より僕のほうが症状は軽かった。けれどいつの間にか、僕は寝たきりだ。

そうだね、僕もそう思ってた。

でも、君のほうが早く手術を受ける。私は、怖いよ。

一人消えて、二人帰ってこなくて。三人目が病室を出て行ったとき、僕と彼女は無意識に手を取り合った。
ぎゅうと、力いっぱい握り閉めた手は、ここにいるという証のようで。
もういやだと、僕も彼女も叫んでいた。もう帰ってこない人たちを見送るのはいやだと。
だから僕は、せめて彼女よりも長生きをしようと、そう誓っていたのに。

ごめんね。

謝られると、痛いなあ。

小さく笑って、彼女はまた窓の外へ顔を向けた。
さらさらと振り続ける霧雨に、頬を寄せて。


おいてかないで。


ささやく。
くらくらするほど切ない、祈りの言葉を。

・・・なんて、言ったら困るよね。ごめん。

うつむく肩が震える。その肩に、伸ばしたい腕があるのに、動かない。届けたい言葉があるけれど、それは余計に残酷で。
本当ならば。
帰ってくる、と。
いえればどんなによったか。
けれどわかっている。どんなにがんばったってこの運命はかえられそうにないことを。きっと僕は死ぬ。明日、死ぬ。
最後まで戦うつもりでいるけれど、そのことは知っている。どうしたって、抗うすべが、ない。精神力だけでは、この死の影を振り払えない。

もう、いやだな。

・・・うん。

ただいまが返らない、いってらっしゃいは・・・もう、言いたくないな。

・・・うん。

でも。

つぶやかれる言葉は、柔らかい。
明日など来なければいいと、何度目かの思いにふたをする。

それでも、君には、言うよ。

さらさらと、霧雨の音がこだまする。
この真っ白な部屋には僕たち以外何もないけれど、でもとても、やさしくて温かかったんだ。それだけは、いつまでも忘れたくないよ。



いってらっしゃい。・・・できたら、私も連れてって。


覚めない、夢の世界に。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

プロフィール

HN:
夏野
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
サイト『暁を待つ庭』の短編保管庫。
別所ブログにて書き散らしたもののまとめ。

ブログ内検索