忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宵藍

初出:2007/12/1
和風な断片。
遠くの空はまだ朱のまま。
されとてこれから来たる宵、遅れをとるわけには行かぬ。

「夢虫、夢虫。飾っとくれヨ」

女は妖しく微笑んで、薄闇に声を張った。
白の着物に赤い柄が散ってゐるように見えたが、それは女の紅ゐ血のやうである。艶然と微笑む血の気のうせた顔は酷く白く、今にもふらりと崩れそうにも見えた。
手のひらに伝う己の血を舐めて、それでも女はこともなげに声を張り上げる。
「あたしの惚れた男は目ェは悪いが、なにしろ飛び切りカンがゐい」
声につられたのか、漸く、ひらりひらりと蝶達が薄闇から近づいてくる。
女が手を伸ばす。蝶は、十数羽いるやうである。
「老いたァなんてサ、言わせはせんさ。女は、慕う男の為ならいつまでも、若いんだよォ」
からからと笑う声が藍の空に響いた。
蝶たちはふわふわと女を取りまき、女を飾り立てんと群がる。微か漂う血の匂いも、蝶の撒く光の粉に紛れるやうに薄れた。
「あの人に会う宵は、いつだって勝負事だよォ。そりゃあ結局はサ、惚れたあたしの負けだがね」
からから。
楽しくて仕方がないというやうな女の笑い声には、一転の曇りも戸惑いもない。
経緯は分からぬが、蝶の消えた宵の薄暗がりには、見事に着飾った美しい女が一人、毅然と背筋を伸ばして居る。
女は宵藍の濃くなる空を見上げて、満足そうに微笑んだ。



「さア、行こうかね、あたしのあんた。今宵はあたしと遊ぼうじゃないか」



一夜を夢に埋めて。
幻とも現とも曖昧な、宵が来る。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

プロフィール

HN:
夏野
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
サイト『暁を待つ庭』の短編保管庫。
別所ブログにて書き散らしたもののまとめ。

ブログ内検索