忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

tragedy

初出:2007/7/30
歌詞はたしかロシアの「ポーレシュカ・ポーレ」。響きが好きです。

草原よ、草原
広い草原
馳て行く英雄が
遠い昔の英雄が



青い海原を前にして、思い出すのはそればかりだ。
故郷のあの草原は鮮やかに緑で、吹き抜ける風にゆられてしゃらしゃらと音を立てていた。
追いかけっこをしていた旧友の背中に、この先、今一度巡り会えるだろうか。
そろそろ、ひぐらしが鳴き始める。
トンボを追いかけて走った路は、まだ砂利道のままだといい。
懐古、懐古、懐古・・・
あきもせず、そればかりだ。



風が運んでゆく
そう、緑の草原を
彼らの勇ましい歌
なつかしい歌




今、この海原から旅たつ。
踏みしめる大地もない先へ。揺るがない足元のない先へ。
蒼い蒼いその下に、底なしの暗闇を抱く、この恐ろしい棺おけを横切るのだ。
そして、また一つ、懐かしい故郷から遠ざかる。
ああ、懐かしいあの草原も。
この水面のように太陽に反射してきらきらとしていた。



風が残すのは
戦の誉れと
ほこりまみれの路
遠くへ続く 路




長い、長い時がすぎて。
色あせた写真のように心さえ擦り切れて。
帰りたい、帰りたいと願い続けたその場所へは、もう、二度と帰らないのに。
潮騒に目を閉じれば、浮かんでくるのは草の音ばかりで。
ゆらゆらと漂いながら、なお、未練ばかりで。


草原よ、草原
多くの悲しみを見たことも
血にまみれたこともあっただろう




駆け回ったあの世界は。
箱庭の緑は。
ただただ鮮やかに美しく、永遠にそのままに。


いまは、もうない。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

プロフィール

HN:
夏野
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
サイト『暁を待つ庭』の短編保管庫。
別所ブログにて書き散らしたもののまとめ。

ブログ内検索